WeddingTable 自分たちらしい結婚式探し

Columnウェディングコラム

フォトウェディング・フォト婚ってなに?魅力や費用などを完全解説!

2020.03.19 | フォト婚

結婚式のスタイルが多様化している昨今、フォトウェディング(フォト婚)が注目を集めています。
これまで、結婚式や披露宴を取り扱ってきた式場やホテル、衣装店なども、フォトウェディングを打ち出すケースが多くなってきました。
その一方で、フォトウェディングの内容や費用に関する疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?
この記事では、フォトウェディングの魅力や費用の相場を解説します。

1 フォトウェディング・フォト婚ってなに?

 

一般的に、フォトウェディングは結婚の記念となる写真撮影のみを行うスタイルのことです。
フォト婚などともいわれ、フォトウェディングを扱う企業が商品名として独自に名称を設定していることも少なくありません。
フォトウェディングは結婚式や披露宴を行わないことが前提となっています。
花婿、花嫁の衣装を着用した状態での写真撮影が基本であり、結婚式を行う場合は、前撮りや後撮りとして別で申し込む必要があります。

 

結婚関連の写真撮影は大きく分けて、スタジオ撮影とロケーション撮影の二つです。
スタジオ撮影は写場などで撮影を行い、ロケーション撮影は屋外で写真を撮影します。
撮影後は、台紙付き写真や画像データ、スナップアルバムで納品され、年賀状やカードの作成などに活用できます。
フォトウェディングは、結婚の記念として写真を残す目的に特化したプランだと考えていいでしょう。

2 フォトウェディング・フォト婚の魅力5つを紹介

・挙式とは異なる衣装を着用できる

「挙式もするならフォトウェディングを申し込まずに、挙式で写真を撮ればいい」と思うかもしれません。
しかし、衣装を選ぶ段階で「挙式ではこのドレスを着たいけれど、こっちのドレスも着てみたい」となれば、その希望を挙式時の写真撮影のみでかなえるのは難しくなります。

 

この場合は、挙式とフォトウェディングをそれぞれ申し込めば解決します。
「挙式では白のウェディングドレス姿を写真に収め、フォトウェディングではカラードレスを着て公園で撮影する」といったことも可能です。
また「挙式は神前式なので和装を着るけれど、そのあとにウェディングドレスの写真も残したい」という場合でも、フォトウェディングなら対応できます。
このように、挙式とは異なる衣装を着用できるのは、フォトウェディングの大きな魅力です。

 

・自由度が高い

結婚式は同一の日に挙式を行い、その後に披露宴をするという流れが一般的です。
一方で「そのスタイルは自分たちの希望ではない」というカップルも多いでしょう。
フォトウェディングでは、写真撮影を行ったのちに家族で会食をすることも可能です。

 

新婚旅行の行程にフォトウェディングを組み入れて、素敵なロケーションフォトを残してもいいでしょう。また「自分たちは特にこだわりがないけれど、親が写真だけでも残すことを希望している」という場合は、スタジオで記念写真だけを撮影できます。
ふたりと家族の希望に沿う形で自由にプランを組み合わせられるのも、フォトウェディングの特徴です。

 

・費用が抑えられる

結婚式にかかる費用は高額です。「お金がかかるから」という理由で、結婚式を断念する人も少なくありません。
そのような状況でも、フォトウェディングなら希望を形にできる可能性があります。
フォトウェディングにはいくつかの料金プランがあり、予算と希望する撮影のスタイルに応じて選べるのが一般的です。
スタジオ撮影のみであれば3~10万円程度、ロケーション撮影でも30万円程度見積もれば記念に残る写真が撮影できるでしょう。

 

・ふたりのタイミングで日取りが決められる

挙式と披露宴を行うとなると、ゲストのことを第一に考える必要が出てきます。
「平日は仕事で休めないだろう」「この時期は呼びたい人が繁忙期だと言っていた」「大安や友引でなければ周囲の反応が心配だ」など、日取りを決める際の悩みは尽きません。

一方、フォトウェディングでは、ふたりのタイミングで日取りが決められます。
誰かとの撮影を希望する場合でも、その人の都合さえよければOKということになるでしょう。
ゲストや式場の都合によって日時を検討しなくてもいいので「桜が咲く時期を狙って」「夏に海で」「夜景がきれいな夜の時間に」といった希望もかなえられます。

 

・事情があっても柔軟に対応できる

結婚のスタイルが多様化している昨今では、挙式後に盛大な披露宴を行うことがそもそも難しいケースもあります。
妊娠中であれば身体的、精神的な負担がかかることは避けたいと思うのが当然ですし、再婚などの事情があれば再び親族を披露宴に招待するのは気が引けるかもしれません。
また、人前に出るのが恥ずかしく、挙式や披露宴の緊張感に耐えうる自信がない人もいます。
フォトウェディングは比較的短時間で済ませることもでき、大勢の前で誓いの言葉を述べたり、スポットライトを浴びたりする必要もありません。
ふたりのペースで余計な負担を感じずに撮影を楽しめるでしょう。

3 フォトウェディング・フォト婚の相場は?費用はどれぐらい?

 

フォトウェディングの費用の相場は、スタジオ撮影で約10~15万円、ロケーション撮影で15~30万円となっています。

 

・スタジオ撮影

スタジオ撮影の平均額は約10~15万円ですが、それより極端に安く済むケースも少なくありません。
衣装と撮影代、ヘアメイク、写真1枚が付いて5万円以下で行えるようなスタジオフォトプランを打ち出している会社も多くあります。
予算が少ない、屋内のみでの撮影で問題ない場合は、スタジオ撮影がおすすめです。

 

・ロケーション撮影

ロケーション撮影は、スタジオ撮影よりも高額になるのが一般的です。
そうはいっても、挙式のみより安く済む事も多く、予算に応じて柔軟なプラン作成ができると考えていいでしょう。
撮影を行うロケ地や撮影時期によっても、料金設定が異なりますので確認しておきましょう。

4 フォトウェディング・フォト婚の申し込みから撮影当日までの流れ

フォトウェディングは以下の流れで進めていきます。
1)スタジオや式場に予約する(Wedding tableがフォト婚ができるスタジオや式場をご紹介し、ご予約を代行します)
2)打ち合わせを行い、日時を決める
3)撮影日までに必要な小物などを準備する
4)撮影
5)写真の選定
6)納品
一般的に、予約から撮影までは2ヶ月ほどを要することが多いので、余裕をもって準備を進めることが大切です。
撮影後から納品までは1ヶ月ほどかかることも稀ではありません。仕上がりを楽しみに待ちましょう。

5 スタジオ撮影とは?メリットとデメリット

 

スタジオ撮影の特徴は、屋内での写真撮影となること、正式な記念写真の撮影もできることです。

 

・スタジオ撮影のメリット

スタジオ撮影では、衣装を屋外へ持ち出す必要がないため、費用が安く抑えられます。
スナップ撮影はもちろん、正式な記念写真を残せば、親も喜んでくれるでしょう。
天候に左右されない点も大きなメリットです。

 

・スタジオ撮影のデメリット

正式な記念写真を撮影する場合、着用したい衣装が多くなればなるほど高額になります。
また、屋内での撮影となるため、季節感のある写真とはなりにくい、撮影できる写真のパターンが限られているといったデメリットがあります。

6 ロケーション撮影とは?メリットとデメリット

 

ロケーション撮影の特徴は、屋外での写真撮影が可能であること、スタジオ撮影と比較して撮影カット数が多く設定されているケースが多いことです。

 

・ロケーション撮影のメリット

ロケーション撮影は、スタジオで提案する場所や希望の場所へ行き、季節感のある写真を撮影できます。
また、夕暮れ時や夜の撮影などに対応しているスタジオも多く、より雰囲気のある写真を残せるでしょう。

 

・デメリット

屋外での撮影は天候に左右されます。
雨天だった場合、日時の変更や室内プランへの変更などの対応はスタジオによって異なるため、事前の確認が必要です。
また「青空と紅葉をバックに撮影したい」などイメージが具体的であるほど、条件が重なる確率は低くなります。
イメージしている写真が撮れるかどうかは天候次第であることは否めません。
費用面ではスタジオ撮影と比較して高額になりやすいという点に注意が必要です。

7 フォトウェディング・フォト婚にまつわるQ&A

 

フォトウェディングは一般的な結婚式の写真撮影とは異なる点があります。
ここでは、フォトウェディングにまつわる質問に回答します。

 

Q.撮影の申込先はどこ?

A.フォトスタジオ、結婚式場、一部の衣装店などです。
基本的には、ウェディングフォトのプランがあるところであれば申し込み可能です。
写真を専門に扱うフォトスタジオを選ぶ人が多い傾向にあります。

 

Q.前撮りとの違いは?

A.前撮りは結婚式や披露宴を前提とした撮影であり、フォトプランはそれらを前提としていません。
前撮りの場合は、結婚式や披露宴で着用する衣装での撮影が基本ですが、フォトプランでは挙式で何を着用するかにかかわらず、衣装を選べます。

 

Q.撮影した写真は全てもらえる?データはもらえる?

A.業者によって異なります。全データをもらえるプラン、現像した写真をもらえるプランなどがあるので、打ち合わせの際に内容をしっかり確認しましょう。

 

Q.衣装は自分で用意するの?

A.レンタルすることも、自分で用意することも可能です。
一般的なフォトウェディングのプランでは、衣装をセットで申し込む人が多く、自分で衣装を持ち込んで撮影できるプランもあります。
衣装の持ち込みを検討している場合は、可能かどうかを事前に確認しましょう。

8 フォトウェディング・フォト婚で素敵な思い出を作ろう

フォトウェディングは、比較的リーズナブルで自由度も高いという魅力があります。
結婚式や披露宴という形式にこだわらずに写真を残せるのもうれしいポイントです。
プランも充実しているので、気になる会場があったら問い合わせてみるとよりイメージが明確になります。
ふたりで相談して素敵なフォトウェディングを実現しましょう。

Wedding Salonサロン情報

相談無料

専属のコンシェルジュがおふたりに寄り添ってサポートさせていただきます。

おひとり様、お子様連れも大歓迎です。どんなお悩みでも無料で相談ができますので、お気軽にお近くの店舗へご相談ください。

  • 新宿サロン

    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-3 AMビル2F
    最寄駅:JR「新宿駅」都営新宿線・東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」

  • 青山サロン

    〒107-0062 南青山3-4-4カサビアンカbldg
    最寄駅:東京メトロ銀座線「外苑前駅」

  • 横浜サロン

    〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-10 横浜HSビル5F
    最寄駅:JR・地下鉄・私鉄各線「横浜駅」

  • 大宮サロン

    〒330-0846 埼玉県さいたま市 大宮区大門町3-88逸見ビル4F
    最寄駅:JR「大宮駅」

  • 八王子サロン

    〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル9F
    最寄駅:JR「八王子駅」

  • 日暮里サロン

    〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド3F
    最寄駅:JR「日暮里駅」

  • 高崎サロン

    〒370-0827 群馬県高崎市鞘町20-1 高崎鞘町ビル4F
    最寄駅:JR「高崎駅」

  • 新潟サロン

    〒951-8056 新潟県新潟市中央区花町2069 新潟花町ビル7F
    最寄駅:JR「新潟駅」

  • 郡山サロン

    〒963-8004 福島県郡山市中町7-19 デジプラン中町ビル3F
    最寄駅:JR「郡山駅」

  • 仙台サロン

    〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-7-17 SS.仙台ビル4F
    最寄駅:JR「仙台駅」地下鉄「勾当台公園駅」

サロン一覧はこちら

Contactコンシェルジュに無料相談はこちら

平日11:00~19:00/土日祝10:00〜19:00 
定休日:火曜日

Flowご相談の流れ

Step01サロンへご来店

結婚式をするかしないか迷っている段階からご相談ができます。ご相談は何度でも無料です。サロン来店が難しい方は、メールやお電話でご相談ください。

Step02カウンセリング

挙式や披露宴のスタイル、挙式時期や日取り、費用等のお悩み相談を承っております。

Step03会場紹介

おふたりのご希望やご要望にマッチする結婚式場のご紹介をしています。

Step04会場見学

気になった会場を実際に見て、見積もりを出してもらいましょう。見学後、ご不安なことがあればお気軽にコンシェルジュへご連絡ください。

Step05ご成約

大切な一日を過ごす会場のご決定!結婚式当日を迎えるまで、サポートいたします。